ESIとは?

ESIは、企業の業種を問わず、戦略的人材育成を推進することができるスキル管理ツールです。単なるスキルによるレベル判定に留まらず、組織と個人の目標設定、育成の成果の把握など、継続的な人材育成をサポートします。


主な機能1:人材像とスキルの共有

組織が求める人材像とスキルを登録し、全社員で共有することができます。

人材モデルの一例(A社キャリアフレームワーク)
キャリアフレームワークの例
組織が求める人材像とレベル(スキルの習得度合いによる。レベル1:エントリー~レベル6:プロフェッショナルなど)を定義し、人材モデルとして登録します。
(旗マークは、「マーケティングスペシャリスト」のキャリアパス)

スキル項目の登録
スキルの登録
人材像に求められるスキルを登録します。


主な機能2:スキルアセスメント

社員は、各自のスキルの保有状況を登録します。

習得スキルの登録
習得スキルの登録
それぞれのスキルについて、回答ランク(習得の度合い)を選んで回答することで、スキルの保有状況を登録します。

回答ランクの例
 R0:知識なし
 R1:知識はある
 R2:他者の指導や指示に従い、経験したことがある
 R3:単独、主体的に実施できる
 R4:他者の育成・指導ができる


主な機能3:スキルギャップの可視化

社員の目標とするスキルと現在のスキルとのギャップを可視化し、目標管理を行うことができます。

人材モデル判定結果(個人)
人材モデル判定結果(個人)
登録されたスキルから、社員の現在の人材像とレベルが判定されます。
(赤枠のセルが判定結果。旗マークは、目標とするキャリアパス)

スキルギャップの確認
習得スキル参照画面
目標とする人材像とレベルを指定することで、現在のスキルと求められるスキルとのギャップを確認することができるので、スキルアップの目標を定めることができます。


主な機能4:組織の強み・弱みの把握

組織単位(企業全体、部門)の人材像やスキルの分布を表示し、強み・弱みを把握することができます。

人材モデル判定結果(組織)
人材モデル判定結果(組織)
組織に所属するメンバーの、各人材像・レベルに判定された人数が表示されます。
組織の目標と照らし合わせて、強化すべき人材像・レベルを見定めることができます。

スキル習得状況の分布(組織)
スキル習得状況の分布(組織)
組織に所属するメンバーの、スキルの習得度合いごとの人数が表示されます。
組織の目標と照らし合わせて、強化すべきスキルを見定めることができます。