戦略的人材育成とは?



ビジネス環境の変化に対応した組織力の向上のためには、企業ビジョンや経営戦略を踏まえ、求める人材像とスキルを明らかにした上で、人材育成のPDCA(Plan-Do-Check-Act)サイクルを継続的に回していくことが重要です。

組織が求める人材像とスキルの例 組織が求める人材像とスキルの例

戦略的人材育成のPDCAサイクル 戦略的人材育成のPDCAサイクル


戦略的人材育成に求められるスキル管理システムの要件

戦略的人材育成を効果的かつ効率的に推進するためには、次の要件を備えたスキル管理システムが不可欠です。

1. 組織が求める人材像とスキルを共有できる
 組織が社員に期待する人材像とスキルを明らかし、育成(成長)のゴールイ
 メージを共有します。
2. 社員の成長を継続的にフォローすることができる
 社員が登録する保有スキルのデータを履歴保存し、社員の成長の度合いを確
 認し、継続的にフォローします。
3. 目標と現状のスキルギャップの可視化
 求められているスキル(範囲と習得度合い)を明確にし、現状とのギャップ
 を把握し、目標管理を行います。
4. 組織の強み・弱みを把握することができる
 組織単位(企業全体、部門)のスキルの保有状況を可視化し、組織の強みと
 弱みを把握します。
 これらの結果は、人材育成だけではなく、組織のリソース戦略(要員配置、
 採用、調達)にも活用することができます。

スキル管理システム「ESI(Enterprise Skills Inventory)」は、これらのすべてを標準で装備しています。


INFORMATION

2012-01-12
ASPサービスの情報を追加しました。
「ESI」利用環境
2011-06-23
サイトの情報を更新しました。
2010-11-20
情報誌「人材教育12月号」に掲載されました。
掲載記事はこちら
2010-11-19
サイトを公開しました。